最近注目されている自然葬について

最近注目されている自然葬について

 自然葬とは、寺院などの墓石の下でなく、海や山などに遺骨を砕いた遺灰を還すことで個人の遺体を大きな自然の循環中に戻し回帰することを目的とした早々方法です。

日本においては、従来のような墓石を用いる葬送方法とは異なり、特定の墓標となる人工物がないことから散骨と同義に捉えられることもあります。このような自然葬の種類には、風葬・鳥葬・水葬・海洋葬・火葬・土葬・樹木葬・冷凍葬など自然との関わり方によって様々な様式があり、個人の希望や信条によって葬送方法や争議が行われ散骨される場所は選定されていきます。

また、自然葬は近年注目が高まっている葬送方法でもあります。

All Aboutの情報サイトへお越しください。

これは、日本が少子高齢化社会となってしまったことと関わりがあります。

寺院などで墓石を守り供養を続けていくためには継承する子孫がいることが必要です。

しかしながら、跡継ぎのいないシニア層が現代日本には多くなってしまい、お墓を建てても自分の死後に管理してくれる人がいなくなってしまうというケースが増えています。
そのため、自分一代限りで完結する葬送方法に関心が向いているという背景があります。



一方で、嫁ぎ先のお墓に入ることを好まない女性や代々のお墓に入ることに違和感を覚える方など、“家”として考えられてきた埋葬の伝統が変わり、“個人”としての希望を実現できるようになってきたと捉えることもできます。


そのため、自然葬は今後ますます増えていくものと考えられています。



Copyright (C) 2016 最近注目されている自然葬について All Rights Reserved.