近年増えてきた散骨とそのポイント

近年増えてきた散骨とそのポイント

散骨とは、遺体を火葬した後、その骨を粉末状にした上で海や空、山などに撒く葬送方法のことです。

近年少子化などでお墓を手入れすることが難しい場合や、お墓を用意する費用が用意できないなどの理由から、散骨を望む人たちが増えてきています。

従来のお墓への埋葬よりも、自然の一部に還ることが望ましいという意識の変化が起こりつつあること、自分たちだけで思い入れをもって故人を弔いたちなどの希望も散骨への理解が進んだ要因の1つです。

日本経済新聞の専門サイトのココです。

現在散骨に対する法的な見解としては、「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題はない」との見方を示しています。
具体的には以下のことが守られていれば、法律違反ではなく個人の自由意志にて行うことができます。
重要なポイントの1つは、火葬をし終わった後のそのままの骨の状態のままで散布しないことです。

これはもし後日第三者に発見されたときに骨の形が分かる為、死体遺棄事件として扱われるためです。よって、必ずパウダー状に粉砕してから散布する必要がありますが、おおよそ2ミリほどの骨と分からない粉状になっていることが目安とされています。



もう1つ大切なポイントとして、他人の土地に蒔かないことや、例えば海での散布の場合では海水浴場や漁業場の近くに蒔かないなどのマナーを守る必要があります。



この散布場所をめぐってトラブルになるケースが最も多いようです。

故人の遺志を尊重しながらも公共の福祉を守ることを念頭に置き、注意深く散布する場所を決める必要があります。

また、飲み水に使用される川の上流に撒かない、大量のお供え物などを撒かないなど、環境への配慮も大切です。

Copyright (C) 2016 近年増えてきた散骨とそのポイント All Rights Reserved.