海洋葬や樹木葬などを行うときに必要なこと

海洋葬や樹木葬などを行うときに必要なこと

 海洋葬とは、遺骨を海にばらまく散骨の方法です。
日本国内においては墓地で埋葬することが一般的でしたが、近年樹木葬や海洋葬などといった自然葬と呼ばれる概念が広がってきており需要が高まってきています。


散骨に関しては、現在の法律においてはきちんと明記されていない部分が多いです。


現在一般的に認識されている散骨については一定の条件を満たした上でなら行っても良いとされています。


ただ、散骨にはルール及びマナーがありますのできちんとルールやマナーを守った上で散骨を行っていく必要があることを留意します。まず海洋葬の名前についてですが、海に散骨を行うときは陸地に近い場所などで散骨をすることはルール違反となっています。

また、漁場に近いところの散骨も行わないようにすることが求められます。

遺骨については細かく砕いておき、それと分からない程度にすることも重要です。

livedoorニュース情報に対応した情報サイトです。

周辺の環境に合わせながら散骨をし、迷惑をかけないやり方で行うことが大前提といえます。

マナーの面においては、喪服のまま乗船して散骨を行うことはマナーに反する行為とされますのでしないようにします。



時間帯については周囲の目の届かない場所で行うことも大切なマナーとなります。



散骨を専門とする会社はこうしたルールやマナーを守った上でサービスを提供することが求められています。

ただ、中には散骨について正しい指導を行っていない会社もありますので散骨を依頼する前には会社の評判や口コミなどについてはしっかり調べておくようにします。

Copyright (C) 2016 海洋葬や樹木葬などを行うときに必要なこと All Rights Reserved.