桜の樹の下に眠る樹木葬

桜の樹の下に眠る樹木葬

春の景色を彩る桜の花と言うのは日本人にとって特別な存在です。鮮やかに花を咲かせ潔く散ってゆくそのさまが日本人の心の中で何か特別な意味を感じさせるのか、このはかない命を精一杯咲かせる桜の姿を毎年多くの人々が愛でています。



日本の文化の中に深く根付いたこの特別な樹の下に自分が死んだ後は埋葬して欲しいと考える人は少なくないようです。



樹木葬という自然葬の形が注目されています。

livedoorニュースの情報をお知らせいたします。

石碑を立てて作られたこれまでのお墓とは異なり、石碑の代わりに木や花を植えてその元に遺骨を自然な形で埋葬するというものです。
自然志向の埋葬の形としてはそのほかに散骨と言う方法もありますが、樹木葬は墓地埋葬法と言う法律によって許可された区域の中に樹木葬という形で埋葬する点が大きな違いです。


特定の宗教を信仰していなくても、お墓を継承する人間がいなくても埋葬することが可能で、たとえば人気の高い桜の木の下に複数の遺骨と共に埋葬されることで毎年桜の花が咲く季節になると遺族が故人を偲ぶといった形も増えているようです。

樹木葬の中でシンボルツリーになる木が桜の木であるというもので、自分が亡くなった後に子供や孫などの遺された遺族に負担をかけることなく、自然に還る形で埋葬してもらえることで、人気が高まっています。費用的な面でも従来のように墓地の区画を購入して墓石を建てるよりも負担が少なく後々のお墓の管理の負担も不要な樹木葬という形を、今多くの人が望んでいると言われています。


Copyright (C) 2016 桜の樹の下に眠る樹木葬 All Rights Reserved.